スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

完全自動化で月収1000万を儲けるやり方

まずお金をどうやって増やしていくか?

 全てはここから始まります。最初はかなりの努力を必要としますので

 負けないように!!





 安価な仕入れについて

 どこから仕入れるか

 はじめに、本内容はあくまでも
 「私が実際に格安で商品を仕入れている方法」という位置づけでお話しております。

 もっと他にも効率の良い方法があるかと思いますが、
 「私の場合」を説明した実践書としてお読みいただければと思います。

 この内容が日本の法律的に考えて合法かどうかはわかりませんが、
 最終的なお金の流れと商品の流れだけを見れば、誰が見ても日常茶飯事に行われている商行為でしょう。

 仕入先については、かなりたくさんありますが、仕切の安い仕入先は殆どが現金決済で、
 しかも一般客と業者を見極めていますので、思うような価格で仕入れることができません。

 メーカー出しの値段、一次店出しの値段は数量と力関係によってほぼ決まっていますので、
 特別なコネクションがない限り、個人でのメーカー直、一次店直の交渉は不可能に近いでしょう。

 個人での二次店以降からの買い付けでは、価格的には量販店と同じになってしまい、
 時間の掛かる割にはさほど安くはならないと思います。一次店と取り引きがうまくつながっても、
 一次店としては実績のある従来の再販先の手前上、個人への仕切価格はやはり政治的に調整されると思います。

 勿論この様な一次店クラスと正面から交渉できる能力があれば、正当な商売として取り組まれたら良いかと思います。 
 となれば、副業やお小遣い程度に考えておられる方が、正規ルート以外から仕入れるにはどのような方法があるのでしょうか。

 大手メーカー製の商品が正規ルート以外での横流しがあるのかどうかは解りませんが、一つ言えることとすれば、
 流通の何処かで、誰かが、何かの事情で損をしてでも流通させている商品であればある程度は安く買えると言う事です。

 例えば営業担当のノルマ達成の買い込み、過剰在庫品の処分や、倒産整理品等がこれらに当たると思います。

 ただし、この様な部類の商品が安定して継続して入手するとは限りませんし、
 このような情報にアンテナを張った業者との競争がありますので、私たち個人では入手が困難でしょう。

 では、このような過剰在庫、倒産整理品の部類となるような商品をこちらから仕掛けてみてはどうでしょうか。







 安く売りたい理由のある人

 当然のことですが、自分が損をすることが解っていながら商品を安く売ってくれる人はいません。

 過剰在庫品の整理や倒産整理品についても、これまでの経緯や今の現状を総合的に判断して、
 安く売っても何らかの形の利(お金以外でも)があると思っているから、格安で現金化するのでしょう。

 私が目を付けたところは法律で言うところの「期限の利益」です。期限の利益とは、
 債務者が債務の履行をするときに、時間の猶予を持っていることを言います。

 このご時世ですから、この期限の利益を望んでいる方はかなり大勢いると思います。

 このようなお金を借りる人、お金を借りて商品を買う人などの需要は大きく、
 テレビで消費者系金融や銀行系キャッシングのCMが頻繁に流れている事でも予想は付くと思います。







 格安仕入れとの結びつけ

 では、どのようにして「期限の利益」を望んでいる人と格安仕入れを結びつければ良いのでしょうか。

 期限の利益を望んでいる人たちを「売り手」とし、こちら側を「買い手」とします。

 「売り手」は何らかの事情でお金が必要ですが、現在は手元になく債務を負ってでも
 一時的に現金を手にしたいと思います。このような状況の中で、この「売り手」が
 期限の利益をもってある商品を販売店から入手出来たとします。

 ショッピングローンやクレジットカードなどでの決済がこれらに当たるでしょう。

 「売り手」との交渉でこれら商品を現金を条件に安く売ってもらえないでしょうか。

 勿論、その場で即現金との引き換えが条件で交渉に入ります。「期限の利益」も
 販売店から与えられているわけですから、買い取り価格はある程度の交渉の余地があって当然です。

 厳密にはこの段階では商品は販売店のものですが、実際に商品を保管しているのは
 「売り手」ですから、この商品を使おうが、売ろうが、捨てようが、
 一切の責任は販売店ではなく使用者であり保管者である「売り手」にあります。

 私たち「買い手」はこのような一切の事情を知りませんので、
 日常的に行われている個人売買として安く商品を譲ってももらえば、不自然な点はみあたりません。 







 安く買うためには

 安く買うタイミングは非常に大切です。
 債務履行直前では(買い物をしたカードの支払日前)では、当然ですが交渉の余地は殆どないでしょう。

 十分に期日の余裕のある時、例えば殆ど
 クレジットカードでは支払まで最長で55日ありますが、このような長期の場合は
 かなり交渉のネタとして利用出来ます。

 また、切羽詰って現金が必要な場合はさらに交渉のネタとして活用出来ます。
 詳しくは次章で説明しますが、この2つの交渉のネタをフルに活用して限界まで安く買い取る事が出来ます。





 買い取り交渉

 買い取りのタイミングや「売り手」の置かれた立場の把握が大切です。

 ・カードの支払日の直前に新たな買い物で一ヶ月先の支払期限の買い物をしてもらいカードの支払い資金としてもらう。

 ・消費者金融系の督促のタイミングと合わせて買い取りの交渉をする。

 ・個人営業されている方の場合は支払日の資金操りに合わせて買い取りの交渉をする。

 

 対象者

 対象者はカードブラックの方は除外します。これまでの経験上、所帯のある方ならカードは
 家族で管理している場合が多いと思いますので、家族に内緒でサラ金から用立てをしているような人なら、
 クレジットカードの生きている確立は大きいと思います。

 また、サラ金に抵抗のある方には、サラ金に新規申込をする前の金策としてはかなりの効果があります。

 また、一般に金券ショップで金券を換金する際の率は95%と非常に高いので、
 このような手段を知っている人は対象外ですが、最近はクレジットカード会社のチェック体制が変わり、
 何らかの制限で金券が買えないことが多いようですので、
 このような金券の換金と言う手段に気が付いている人でも、そのうちの何割かは対象となります。







 買い取り戦術

 では、核心の買い取り戦術についてお話しします。

 まず確実なところでは、買い物価格の90%前後なら、現金が目の前にあると簡単に買い取りできます。

 こちらは電卓でその場で計算しますが、殆どの方が細かい計算手段を持っていないので、
 細かなパーセントまでは解りません。例えば心理的にあまり損を感じさせない
 次のような方法で買い取りをします。「商品 ○○○○なら、18万円で現金買い取り可能です。

 おそらく量販店では19万円台で入手できます。」これらの説明に偽りはなく、
 一万円程度のマイナスであると感じられます。実際には消費税や千円単位の端数があり、
 このケースでも軽く90%以下で買い取り可能です。さらに80%前後でも同様に買い取り可能な場合があります。







 さらに安く買うには

 80%以下の場合は次の方法でかなり安く買い取りができます。

 今現在、絶対に必要な金額をまず聞いてから、こちらのリストから商品を指定する方法があります。
 勿論カードが使える状態かどうかは本人に予め電話でカードセンタに問い合わせてもらう必要があります。

 代金と商品の引き替えについては、数日間の「期限の利益」を与えて商品代金を先に支払います。

 必要な時に必要な金額を用立てすると言った行為はかなり好印象となり、
 「とても親身になってくれるいい人」と思われますので、今後の交渉に大きく有利になります。

 あとは販売店に商品の取り置きのお願いしておき、商品の受け渡しは数日後の約束日時に販売店で待ち合わせ、
 正規に買い物をして頂いた指定の商品を受け取ります。これで取り引き成立です。

 この様にすれば、金額の交渉も数日前に終わっており、
 しかも「売り側」がお金を受け取ったのが数日前となります。喉元を過ぎた金の苦しみは今はありませんので、
 自分が受け取った金額と、先程買い物した金額の比較が曖昧になり、
 価格差についての違和感がかなり無くなります。結果、かなり安く商品を買い取ることが出来ます。

 さらにスムーズに取り引きを行うためには、必ず親身になって、
 フレンドリーに力になっていることを前面に出します。できれば友達になって下さい。

 ファミレスなどで安い食事をおごってあげたりすると完全に友達になれます。
 ここまで仲良くしてくれる友達との約束なら守ってもらえる確立は極めて高いと思います。

 また、行き違いや感情のトラブルになることはまず考えられないでしょう。

 このような人間関係を作って以下の事を厳守して下さい。







 1.お金は「貸す」のではなく、「預ける」のではなく、
 「商品代を先払い」している事を強く強調しておきます。「商品を楽しみにしていますよ」
 等と言って、買い取り率についての論点から期日の論点へとすり替えます。

 2.一緒に店内に入り買い物をしてはいけません。一人で買い物をすると言うことで、
 商品購入の際の価格は自分の交渉能力であると感じますので、
 こちらの指定した商品で、結果として高い買い物をする事になっても、
 こちらに対する不満がかなり薄れます。一つこの方法では、ほぼ60%前後にて買い取りが可能です。







 さらに、さらに安く買うには


 大切な事は、いくらで買ってきた物を、いくらで売ったと計算されると安く買うことは出来ません。
 「お金の必要な時に、商品の代金を先払いしてもらって助かった」。

 「約束の指定の商品は必ず届けなくては」と言う心理を働かせる必要があります。

 もうお解かりと思いますが、上の章で説明した方法で出てきた「期限の利益」の
 部分の日数を広げること等と併用して、約50%までなら可能と思います。

 約束の商品の値段などは殆ど眼中に無いと思います。さらに「売り手」の資金の
 需要タイミングにうまくヒットすれば、50%以下での買い取りも実績としては数多くあります。







 見込み客の見つけ方

 この様な見込み客はどのようにして見つけたら良いのでしょうか。
 このご時世ですからお金に困っている人は簡単に見つけ出す事が出来ます。

 ・消費者金融系のカードコーナーから出てきた人にチラシを渡す。

 ・ポスティング

 ・Yahooオークションでお金に困っていそうな人が必要な物を出品する。

 ・友達、知り合いに絶対にいます。友達でも身内でも買い取り率を考慮すれば、
  何ら対抗無く交渉できます。むしろ力になってあげているくらいでしょう。

 ・儲かっている会社の税金対策として商品を買い取る

 ・名簿屋からリストを買う







 法律的には

 この様な事実はすべて「売り手」に吸収してもらうので、
 「買い手」サイドとしては日常茶飯事に行われている、
 お金を払ってから少し納期が掛かると言う、「代金先払いでの買い物」です。

 また、このような方法を「買い手」以外の第三者から知ったとすれば、
 本当の意味での単なる個人売買です。Yahooオークション等を例に取っても、
 半数ほどの取引は振り込み後に出荷になっていると思います。





 買い付け資金

 自分で使用する物を安く買う場合は問題ありませんが、80%以下での買い付けには前金を必要とします。 

 この資金はどのようにすれば良いのでしょうか。
 お金に余裕のある場合はいくらでも立て替えて、安く買い叩いたらよいと思います。

 実際にはこのようなお金に余裕が無い方が殆どですから、
 仕入れ資金を自分一人で用意することは困難でしょう。

 一つの手段としては、
 再販売のエンドユーザー(オークションであれば落札者)に
 自分の責任で代金を先払いして頂いてはいかがでしょうか。

 少し納期はかかりますが、値段が安いと言うことで納得していただければ、
 十分に魅力を持った交渉内容になると思います。


 当然ですが、再販売の保証については、再販を行う者が責任を持って行う必要がありますが、
 同じ商品を、ほぼ同じ価格で複数の仕入先のルートを確保する事によって、ある程度の危機回避が出来ます。

 また、万が一の事態に備えて、ペナルティーも含めて全額返金する手段を
 何通りか確保しておくことを強くお奨めします。






 何を売るか

 Yahoo オークションの入札件数などから、注目されているオークションでの商品を探します。
 ある程度の傾向といくつかの商品が特定出来れば、通販サイトなどで通販の価格帯を調べておきます。
 月初・月末等の時期によっても変わっていますので、注目する商品をある程度の時期をかけて調査すれば
 大体の相場、ニーズは把握できるはずです。


 これまでの経験上では、パソコン、ノートパソコン、家電品、デジカメ、
 カメラ、化粧品、ブランド品、時計、自動車パーツ、カーナビ、ゴルフクラブ、スキー・スノボ等です。

 最後に実際の運用については各自の判断と責任で行ってください。当方では一切の責任を持ちません。
 本文中に出て来る「私」や「買い手」の表現は説明上のものです。

 そして次のステップは仕入れを通じて知り合ったカード保持者を使い、同じ事を繰り返せばいいのです。

 私の場合はカード保持者を30人使い、さらにその30人には月給と言う形で社員化し、
 そのカード保持者がさらにカード保持者を勧誘する方法を取り効率の良い利益を上げております。







 カード保持者を足にして使っていけば金を上納させ、
 さらに組織化を図れば何もせずに多額の現金が手元に入ります。

 確実に儲けることができてしまうこの方法、落札メールにあったように、
 転売でもした時には、それなりの覚悟をしてくださいね。

 私が何もしないで年収1000万円以上稼げるようになったのは前述のようなことを慎重に、
 そして時には厳しくやってきたからです。あたなも何もしないで 1000万円が手に入るとは考えないで下さい。





 ※私の情報と同じ情報が外部に出回っている可能性は100%ないことを保証いたします。

 その根拠としましては、まず、私の情報が何重ものコピー対策を施されていることに加え、
 サーバーレベルでの厳重なセキュリティと、アクセス管理、アクセルログ解析を行っての監視下にあり、
 更に極秘の効果的対策が施されていること。つまり、万一、他所から私の情報を入手したと思っても、
 それはまったくの別物にも等しいということなのです。ちなみに、現時点において、
 セキュリティが破られた形跡は一切ありませんので、基本情報についても、現状で出回っているものは、
 99%以上、ほぼ確実に偽物だと思って間違いはありません。

 情報を正規に落札してくださった○○様だけに知る権利があります。

 私共は法人としてこの事業を進めておりますのですぐに再出品を見つけることができます。

 関係機関、などという生半可なものでは無く、
 実力行使で痛い目に遭うのはあなたですからくれぐれも気をつけてくださいね。

 といっても再販しなければ全く心配ありませんので。

 以上が情報です。

 後はあなたの努力で解決することですから一切サポートはいたしません。頑張りましょう!!以上。





 ○○ 様に重要なお知らせ:情報を活用いただいているでしょうか?

 さて、今回は不正な情報転売に関する警告をいたします。これは○○様への警告ではございませんので、
 注意喚起と捉えて下さい。最近、私の情報を転売しようという方が見受けられます。

 再出品はすぐに見破れると落札の際のお電話もいたしましたが、
 くれぐれもそういった行為の無いようにお願いします。(8/23更新)




 追加情報:さて、現在出回っているオークションの情報商品をざっとまとめたメールをお送りしましたが、
 もう読まれましたか?私やあなたのような儲けと違って馬鹿のような情報ばかりですね。

 それでもこの情報で月に30万円程度はいけると思いますので、ほんの小遣い稼ぎのつもりで気軽に転売してください。
 もちろん代金は要りませんので、ご自由に活用なさってください。
 こういったサポートは契約終了までさせていただきます!





 「ここからは、私のコメントです。

 如何でしたか?
 これが本物?というご感想ではないですか?
 では、引続き、追加情報をご覧下さい。」




 追加情報

 ある程度カード所持者を集めることができれば、その中から1ランク上の幹部を数作ることが成功の鍵です。
 まず、カード所持者の不満をできるだけ解消するため、
 また、あくまで個人自由意志で参加していることを明確にするために、メーリングリストを作ります。

 大抵は10人(※1)一組として班長をそれぞれ置き、こちらの連絡役とします。

 メーリングリストでは、「○月○日の何時に吉祥寺でカード所持者を
 一人最低2人見つける仕事を募集しています。」という旨のメールを送ります。

 メールは1グループ10人全員に同じメールが送られるので、
 自ら希望する人のみがその仕事に参加することになります。



 連絡先等、個人情報を把握するのは幹部までで十分です。

 末端のカード所持者には細かい身元を明かさなくてもよい、といい、
 偽名でも構わないと伝えれば、集まる人数も増えます。ただし、一人ずつメールアドレスを取得させ、
 ネット上で連絡が取り合えるようにするのです。現在のネット普及の賜物でこの辺は大変重宝します。







 カード所持者には1人獲得する毎に1万円を渡します。しかし労力を考えると
 全く元が取れていない状態になりますから、必死で何人も獲得しようとします。

 これをどんどん階層化することにより、常にあなたはピラミッド型の一番上にいることができるようになります。

 また、リストを作ってください。このリストは末端まで全てを網羅するのではなく、
 幹部を除いて大体3階ぐらいまでをまとめてください。あまりに多くリストを作ると管理しきれなくなります。

 また、過度のリストアップは悪意を持った幹部がリストを持ち出して転売する可能性があり、大変危険です。

 私は決して無理をして稼ぐのではなく、相手(カード所持者)に対しても
 一定の配慮を持ってこの仕事をしております。

 将来的に法的な問題が山積する、といったことはできるだけ避けたいですし、
 そういった悪い印象をカード所持者に与えてしまうのは長期的な目で見てもよくありません。







 ※階について





             ○←あなた

            /|\

           ○ ○ ○ ←幹部

          /  |  \

         /   |   \

        /    |    \       

       /     |     \

      ○      ○       ○←班長(ここが1階です)

     /|\   /|\    /|\

    ○ ○ ○  ○ ○ ○  ○ ○  ○←※1の10人グループ

 (ここが2階です)

    | | |  | | |  | | |

    ○ ○ ○  ○ ○ ○  ○ ○  ○←末端カード所持者

 (ここが3階です)







 ・注意点



 最も注意しなければいけないのは、幹部の人選です。末端のカード所持者達は完全歩合制でも文句は来ませんが、
 幹部の場合は月給という形で、固定給を支給してください。末端と最もつながりがある幹部がカード所持者に
 不当なノルマを負わせた上に上納金の一部をネコババする、といったケースが数件発生しました。

 こういった事を未然に防ぐためには、固定給支給が最もよい解決方法となります。さらには幹部の中で
 完全に信用できる人間を最低2人作っておくこと、信用できる人選としては、身近な友人や親類などです。

 幹部から出る不平不満を的確に把握し、ネコババやノルマ上乗せなど行っている幹部を早めに粛清してください。






 ・あなたの位置付け



 やはり何もしないで1千万円を稼ぐのは容易いことではありません。少なくともこの情報では、
 最初のカード所持者を見つけるのはあなたの仕事になるのですから。

 もちろんカード所持者にとってはおいしい話ですのですぐに人は集まります。問題は次なのです。

 人間の管理というのは非常に難しいです。幹部の人選やカード所持者の不満をできるだけ抑えていく為に、
 このノウハウだけでなく、自分でさらにワンランク上を目指せるような
 アイディアを思い付くことのできるような柔軟な頭が必要です。

  





 ・資金管理の面



 末端カード所持者から班長、そして幹部。利益を上げた上納金があなたの懐に入る時、
 必ずそれぞれのステップ(末端→班長、班長→幹部、幹部→あなた) で、ピンハネが起きます。

 そういった問題に目を光らせ、ピンハネに対してだけは厳しい態度をもって接しください。
 1度でもピンハネの事実が発覚したらその人物の役職をすぐに解き、
 今後一切あなたのお仕事に参加させることを禁止してください。

 私の経験上、口が上手で部下に対して大柄な口のきき方をする人物は要注意といえます。
 立場上、その人物が上司であったとしてもそれは形式的なものであり、
 あくまであなたが一番上なこと以外は基本的に全員皆同じ身分だと自分に言い聞かせて、幹部や班長をよく教育してください。







 ・組織作り



 私の場合、一応有限会社的な建前の事務所を構えております。メーリングリストの発信用PC と、
 もし恐いお兄さん達が上前をはねようとしてやって来た時対処できるようにカード所持者で強そうな人間を
 ピックアップして最低3?4人程度おいておきます。常駐させるのは幹部でも構わないでしょう。

 何故恐いお兄さんかというと東京は金融に関する事全般において893が必ず絡んできます。

 その方達とも衝突なく平和にするにはそれなりの組織であることを印象付ける必要があります。
 次は、事務所を構えるときの立地条件等です。私の場合は総合ビルの10階にいたしました。

 理由は雑居ビルにはない、正規の警備会社が警備員や入退室管理セキュリティーを行っている点です。
 管理費や家賃はかなり高いですが、防犯面ではピカイチです。

 私が最初事務所を開いた歌舞伎町の雑居ビル2階は誰でも簡単に侵入できてしまい、たくさんの問題を抱えました。
 今は入室時に暗証番号と指紋センサー、出勤はネクタイ、背広です。傍目には大手企業戦士といったところでしょうか。







 ・その他



 この仕事を始めた方なら誰でもお感じになると思いますが、
 カード所持者は最初の内自分が損をしている気になるのか、笑顔が見えません。

 しかし、末端として頑張った方には正当報酬として確実にお金が入るので、喜ばれます。
 未だに知られていないこの方法は何年かするとメジャーなものになっていくのか、
 答えはやはりイエスと言わざるを得ないでしょう。

 しかし、あなたはあくまで純粋に情報を実践なさればいいのです。
 その内に情報が転売されていき、この仕事を始める人も増えることは恐らく間違い無いと思います。

 その中でも、確実に報酬を払い、仕事を続けていく
 ”信用”というものがあなたの収入を減らすことはありません。







 とうとうステップをワンランク上げたあなたにとって、この情報はかなり有用かと思います。
 多くの利益を上げ、成功されることを切に願っております。情報は以上です。



 「ここからは、私のコメントです。

 如何ですか?少し本物らしくなりましたね。

 しかし、随分とrealway_reallife氏のQ&Aやコメントとは違いがありますね。

 realinfo氏の情報は以上です。

 しかし、彼がこの情報の購入者にあてた手紙がありますので、こちらをお読み下さい。」


 私見



 ○○様





 こんにちは。realway_realinfoです。

 追加情報を送付させて頂きましたので、ご査収下さいませ。



 追加情報をお読み頂いた感想は如何でしょうか。

 realway_reallife氏の商品説明及びQ&Aの内容とは随分とイメージが違いますよね。

 

 では、これはやはり偽物なのでしょうか。

 私がそうと思い切れない理由を以下に記述させて頂きます。

 この文章をお読み頂き、○○様がご同意頂けるかどうかはわかりませんが、お付き合い下さい。



 まず、私自身当初から、数百万円もの大金を支払って情報を購入した場合、
 それで本当に心の底から満足ができる人はいないと思っておりました。

 ですから、当初彼の情報を見た頃(100万円代でまだ取引がされていました)は、
 明らかに、詐欺であろうと思っておりました。

 その当時の入札は非常に不自然であったからです。

 まず、その急激な価格の上昇。

 もし仮に、300万円のお金を支払ったとしても、心から満足できる情報であったとしても、
 落札するまではわからないわけですね。であるにもかかわらず、あの急激な価格の上昇をするには、
 少なくとも、数名の方は、あの段階で既に数百万円支払っても良いと思っていなくては価格は上がらないわけです。

 現実的にありうるでしょうか?

 何度も数百万円もの金額が付いた今ならともかく。

 第2に、入札者たちの評価を見ると、高額な情報を購入するとは思えないような内容でした。
 他の高額情報を購入する方々の評価と比べて頂いたら、その不自然さはご理解頂けるのではないでしょうか。

 つまり、この段階では、明らかに価格操作。彼若しくは彼の関係者以外は落札はしていないと思っておりました。

 そして、240万円くらいの価格が付いた時、初めて、普通の落札者のように思いました。

 であるとするならば、この商品はこれで終了。若しくは、情報を渡すまでのタイムラグを狙って、
 もう1人落札させて終了するであろうと思っておりました。

 しかし、私の考えとは異なり、今も出品され続けております。

 その後の私の考えは、あと1つ。

 高額な情報を購入して満足をしていなくとも、誰も文句が言えない状況にあるのではないか。というものでした。

 そうでないとするなら、つまり、落札者たちが本当に満足をしているのなら、
 それぞれの評価の内容に喜びが感じられるはずですが、どうですか。

 結果的には良い取引であったという評価とか、数万円の情報とあまり変わらぬ評価とか、不自然です。
 もし私が300万円に値する情報を入手できたら、このように醒めた意見を述べている私でも、
 それこそ天にも昇らんばかりの喜びを噛み締めるであろうと想像します。
 その感情は、文章の上手い下手ではなく、評価の文章に表れると思います。

 そのような事を考えている折に、私のところへ、今回 ○○様に提供した情報を購入しないかとの連絡が入りました。

 40万円という事でしたから、もちろん迷いましたが、

 どのようなからくりで、落札者たちを黙らせているのか?

 もしも、何らかのビジネスヒントが1つでもあれば。

 その2つの気持ちから、購入を検討しました。

 提供者からは、いろいろ証拠のようなもの(サイトのアドレス、提供者と出品者の関係など)を示されましたが、
 決定的な証拠はありませんでした。

 たとえば、彼のヤフーIDを教えてもらえたなら、そして、それが落札者のIDであったなら、
 そのIDのヤフーメールでメールのやり取りができたなら、間違いないのでしょうが、
 提供者は出品者を非常に怖れているとの事で、教えては頂けませんでした。

 私が、購入を決意したのは、あらかじめ、出品のQ&Aとは、異なる点もある事を聞いたからです。
 そこに逆に信憑性を感じたわけです。ただの私の感です。

 そうして、入手した情報が今回の情報です。

 この情報であれば、たぶん普通の方は、文句を言わない。というよりも言えないのではないでしょうか?

 内容自体は、以前からあるショッピング枠の現金化を組織的に、
 しかも通常では顧客としても労働者としても避けられる準ブラックの方々を利用して行うというもの。

 新しさは、通常では雇用しない人たちを効率よく働かせている点だけです。

 そして、この情報の真似をする事は、普通の人たちにできるでしょうか?

 答えは、できなくはないと思いますが、難しいでしょう。

 しかし、文句を言おうにも、このような業界、それが金融業にあたらないとは言っても、
 また、合法的であるとは言っても、通常は893の領分です。

 特に、闇金をはじめ金融関連と密接に関係を持つのは、全国組織の山口組。

 出品者は、893であるとは言わないでしょうが、それを匂わされて、○○様は、文句が言えますか?

 しかも、300万円の詐欺にあった訳ではなく、情報も頂いている訳ですから、
 その価値をどう判断するかは、価値観の問題であり、法的に裁きにくい内容ですから、警察もまったく頼りになりません。

 あのような評価をせざるを得ないのではないでしょうか?

 そしてさらに、情報の流出も不思議なくらいありませんね。

 出品者が怖くなければ、そして、出品者の言うように、同業者が増えても収入にほとんど影響ないのなら、
 何人かは、まず転売で元を取ってからと考えても不思議ではないでしょう。しかし、それもありません。

 セキュリティがどうと、出品者は言われてますが、PCのセキュリティなど、何とでもなるものです。

 セキュリティとわからないうちに、セキュリティになるものは、難しいですが。

 話はそれますが、今回私の施したセキュリティは、セキュリティとはわからないでしょう。

 パスワードはその気になれば、何の役にも立ちません。

 打ち直せば良いわけですから。

 しかし、たとえば1つの例を上げるなら、

 今回の情報にたくさんの電話番号が記入されていたとしたら、どうですか?

 打ち直す時に、必ずその通り打ち直しますね。

 しかし、その1つの番号が変えられていたとしたら、流出した情報を見れば、誰に提供したものか、
 すぐにわかるわけです。これで落札者を追及できます。

 私のセキュリティは、このようにセキュリティとわからない所がミソなのですが、彼もそうなのでしょうか?

 その割りに、特に最近はつじつまの合わない事を記述していませんか?

 どのパソコンからアクセスしたかわかるから、共同購入はダメとか言っておきながら
 落札者がいろいろな場所からアクセスする事は構わないと。

 つまり、私自身が、彼に対して不自然さを拭いきれないため、今回の情報に信憑性を感じてしまうという事です。



 最後に、○○様が、もし今回の情報を利用して、

 儲けるお気持ちがおありでしたら、お手数ですが、ご一報下さい。

 私自身、それこそ片手間で現在この情報を元に、ビジネスをしております。

 私なりに、工夫をして。

 その内容をお教えします。

 しかし、闇金などともめる可能性などをお考えになり、ビジネスをおやめになるのでしたら、もちろん無理にとは申しません。

営業系 | 【2010-09-26(Sun) 12:55:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 情報商材まとめ紹介所 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
main:アフィリエイト ビジネス 稼ぐ   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。